片付けをしたり断舎離して想うこと

ほんとうに今はものに溢れているなと思います。

あまりたくさん物を持っていないし、片付けるようにしていてもどんどんと物は増えます。

もったいないからと言う気持でとっておくくらいなら、つかってあげないともったいないとおもって

使い切ることが大事ですね。そしてそうできないものであるのなら、最初から自分のテリトリーにいれないということも大事ですね。ちょっとしたおまけや粗品などはその時得した気がして嬉しくても

実際使わないことが多々あります。あと、結婚式の引出物なども困りものですね。自分の趣味でないものを押し付けられ断ることができません。お皿などはさっといるかいらないかを見極めてきれいなうちに売り飛ばすというのも手ですが、そのてまひまを面倒臭がってしまって、ついためこんでしまいますね。

こうして『もの』と向き合うようになったのはある程度年齢がいってからです。引っ越しを数度経験したりするとだいぶ感覚がかわります。

捨てることに罪悪感を感じるので物を増やさないようになったり、

片付けるのが面倒であるということは片付けるという自分の脳力を超えた『もの』があるということだったということがわかったり、

こんなに古いものに囲まれていては新しい空気が入り込んでこないと気づいたり、

自分のスタイルを確立して物を選ぶことが一番のスタイリッシュで、ものを大事にすることであるとわかったり…

最終的に自分に必要な物というのはスーツケース一個分らしいですよ。